太ってる人の腰痛マットレス!体重が重たい人はマットレスの厚さも重要

太ってる人は痩せてる人に比べてマットレスが原因で腰痛になりやすいです。
そのため、体重にあった腰痛に良いマットレスを選ぶことで、朝に疲れも取れすっと起き上がれるようになりあmす。

起床時に腰痛や肩凝りや背中の痛みに悩まされるのは、腰回りが沈みこんでしまうのが原因となります。。
そのため、体重が重たい人は特にお尻から沈みこみやすく、マットレスが原因となり腰痛になりやすい特徴があります。

また、からだが沈み込むことで寝返りが打てなくて、寝ている時間が同じ姿勢となり、ずっと腰へ負担を与えてしまうことになります。
そのため、太ってる人も痩せてる人も高反発のマットレスに変えて、沈み込みをなくし寝返りもしやすくすることで、解消がされたりします。

しかし、高反発のマットレスを使えば良いなんて単純な問題でもありません。
特に体重の重たい人だと高反発でも沈み込んでしまうこともあります。

あなたが多少太っる人であったりデブだと感じていて、腰痛に悩まされているのであれば、この記事で体重にあった高反発マットレスの選び方が分かります。

太ってる人の腰痛マットレス

太ってる人で腰痛マットレスの選び方で必要となるのが厚さです。

高反発のマットレスだとしても、使っていくうちに劣化もして、へたるようにもなってきます。
また、体重が重たい人だと多少は沈み込んでしまうこともあります。

そのため、一般的な腰痛に良いマットレスに加えて、考慮をした方が良いのが厚さとなります。

腰痛に良いマットレスの特徴

  • 高反発で沈み込みをなくす
  • 自然な姿勢になることで寝返りが増えやすい
  • 体圧分散で腰への負担を軽くする

太ってる人はこの3つに加えて厚さを考慮して選ぶようにしましょう。

体重が重たい人は厚さのある腰痛マットレスを選ぶ

高反発のマットレスといっても、お尻付近が重たいので、真ん中がだんだんと沈みやすくなっていきます。
また、薄いのだと体圧分散もしっかりとできない可能性もあります。

からだの沈み込みによって、腰痛になりやすいものの、それを高反発で解消すれば、必ずしも腰痛が改善される訳ではありません。
こういった腰痛マットレスの多くはコイルを含んだり、素材などを使って体圧分散がしっかりとできるように設計がされています。

一般的な敷布団の多くはお尻・肩・足の付近が接しているので、特定の部位に負担がかかりやすくなっています。
上手く体圧分散をすることで設置面積を増やし、腰回りに強くかかる負荷を全身に分散させる効果があります。

体重が重たい太っている人は腰痛マットレスの中でも厚さがあるのがおすすめです。
最低でも10cm以上を選ぶようにして、体重などにもよりますが、個人的には15cm以上のがおすすめです。

体重が重たい人におすすめの腰痛マットレスは「雲のやすらぎ」

体重が重たい人へおすすめのマットレス・敷布団としては雲のやすらぎです。

  • 体圧分散
  • 高反発
  • 防菌・防ダニ
  • 厚さ17cm

雲のやすらぎは厚さが17cmとなるので、太っていて体重の重たい人でも満足して使うことができるはずです。
また、送料負担などの一部条件はあるものの、公式サイトで購入をすれば返金保証が行われています。

そのため、安心して利用をすることができるはずです。

体重が重たい人は劣化やへたりでからだが沈むようになる

体重が重たい人であれば、劣化をして真ん中などがへたりやすくなります。

最初は使っていて問題がなくても、マットレスにも寿命があります。
特に腰痛に悩まされている人が使うマットレスは内部にコイルが入っていたりもあるので、劣化をすればだんだんと機能が失われています。

腰痛マットレスは4万円から高いのだと10万円以上の高級寝具もありますが、長年使えるのでコスパは良いです。
しかし、短期間で買い替えとなってしまえば、決して安い買い物とはいえないです。

健康面を考えてもできるだけ、体重を減らすように少しづつしていくのをおすすめします。
私自身が太っており、起床時に腰痛に悩まされていた一人でもあります。

ギックリ腰も今までに3回経験して、初めての時は「こんなにひどいものなのか」と想像を絶した経験をしました。
私のように慢性的にならないように、できるだけ痩せるようにしていくのをおすすめします。

ちなみに私は飲み物の多くをジュースでしたが、全てを水に変えることでみるみると体重が落ちたのでおすすめです。

2つ折りや3つ折りは劣化して寿命が早くなりやすいので太ってる人におすすめしない

体重の重たい人であれば、2つ折りや3つ折りのマットレスは余りおすすめしません。

特に腰痛に良い高反発マットレスだとなおさらです。
2つ折りや3つ折りのマットレスは干したり収納ができたりと、利便性に関してはすごく優れています。

しかし、何度も折り畳むことでその折り目が劣化をしやすくなっていきます。
一般的な人であれば多少へたりを感じたり、沈み込むようになっても、朝にスッと起き上がれるかもしれません。

しかし、太っている人だと劣化もしやすく、沈み込むようになると体重が重たい分、沈み込んでしまいます。
そのため、2つ折りや3つ折りタイプも販売がされていますが、あまりおすすめすることはできないです。